2014年8月25日月曜日

Preseason #3 Jacksonville Jaguars III

恒例というか今年から始めた。。。現場での感想です。


  • とにかくファールが多い、試合が止まる
    • 1試合目が少なかったこともあって、イライラが募りました。
    • プレシーズンのどの試合にも言えることですが、本当に多い。
    • いいプレーでもつまらん反則で止まるのでダラダラ感が漂います。
    • Suhのヒットはあれはいかんね。。。

  • StaffordのStruggle
    • 試合開始はこれまでが別人のようにひどかったです
    • 球離れのいい彼にしては持ちすぎ、怪我しないか本当に心配でした
    • インターセプト後は落ち着きましたが、どれが今の本当の実力なのか。。。

  • Depth Chart入れ替え
    • SのAbdul-QuddusやLBのWhitehead が先発から使われました。
    • がんばれば、チャンスがある、ということが選手にもファンにも伝わりました。

  • サックが多かった!
    • 全部合わせて6サック、見事です。

  • 目についた選手
    • Reggie:素晴らしいランでした。抜けるスピード、抜けた後のルート、最後まで追いつかれない体力。まだまだやれますね
    • Whitehead:試合開始からタックルすべてが彼でした。Van NoyどころかPalmerまで抜いてしまいましたね。
    • Ebron:難しいボールもしっかりキャッチしていました。目立たないですが、裏方含めて頑張っていると思います。
    • Broyles:まさにスロットレシーバーという役割を果たしています。キャッチングに安心感がありますし、スピードもあっていい感じ。Tateと二人スロット入ったらおもしろそう。

  • 困ったチャン
    • Leshoure:珍しくロングランが出ましたが、そのあとファンブル。。。2Yのランが多すぎ。
    • Slay:パスミスに助けられましたが、完全に抜かれた場面がありました。レシーバーばかり気にしてボールを見ていないことが多すぎますね。
    • Orlovsky:試合後は高評価が観られましたが、現場では全然でした。。。とにかく短いパスばかりなのですが、1stダウンにならないパスばかり。それが3rdダウンのタイミングでもやるので、全然面白くありませんでした。相変わらず常に何かに焦ってますし。。。Mooreが落ち着いて見えるのと対照的です。
    • Tavecchio:今日カットされてしまいましね。あのFGを決めていたら人生が変わっていたはずです。それよりも今日のHCのコメント「KはFreeseで決まり、ベテランは探さない」は解せませんね。昨年Kであんなに苦労したというのに。。。

  • Bortles
    • よかったです。冷静でパスも正確。Johnnyよりはるかによかったです。迷わずこちら先発でいい気がするなあ。

  • Megatron
    • 怪我しなくてよかった。怪我以外は何も心配してません。



さて、試合観戦を終えて、外に出ると。。。
まだやってました Eminem & Rihanna!!
Comerica Parkは屋外スタジアムなので、外までよく音が聞こえます。



中は見えませんが、周りからコンサートを楽しみます。
RihannaのOnly Girlに続いて Eminem がLose yourselfを歌って会場のテンションがマックスになって終了。

Monsterはもう終わったかなあ。。。ともう一粘りしたところアンコールで始まったのが


きたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会場の外も興奮に包まれ至福のひと時を過ごして帰路につきました。

ああいい一日だった。

2014年8月24日日曜日

Preseason #3 Jacksonville Jaguars II


Eminemのコンサートの影響か、開始時点ではまだまだ空席が目立ちました。

いよいよ試合開始です。

まずはReggieが突っ込みます。

video

新しい席はこちらのオフェンスがとても見やすいです。


スロットの位置にも入るMegatron。


もちろん通常の一番外にも行きます。

そんな中これまでの好調がウソのようなStaffordの迷走ぶりで試合開始です。

video

1マンカバレッジのMegatronなら投げろよ!と。

そんな中、見たこともないようなこんなプレーも。

video


そんなStaffordの不調を助けるかのようなスーパープレーが飛び出しました。
目の前から消えて行ったReggieのスーパーラン!


これでリズムが出てくれると思っていたStaffordですが。。。



このプレーにはスタジアム全体が「またか」の雰囲気に。
もちろん昨年からの延長の「またか」です。


ドラフト1位のEbronはかなり長い間試合に出ていましたが、ドロップもなく、いい感じです。

video




ぐいぐい押しこんで、ついに目の前でTDが!!
というところで、サイドラインパスの紹介が。ライオン帽子で目立っております。



残り数Yのところをまっすぐ突き進むオフェンス。
video

video

4th Downギャンブルに突入しました。

最後はBellがもう一回突っ込みましたが。。。

video

ハーフタイムは子供たちの可愛い試合を観戦。


ナイスランを見せた後お客とハイタッチ。
ほほえましい感じです。

チアリーダーもちっちゃくて可愛い。


ほんとうにつまらない後半戦でした。。。
何も起きない、どきどきしない。。。ファール多い。。。


唯一のハイライトは一推しWinnのTD。



本人NFLでの初TDだったこともあり、TD後いっぱい祝福受けてました。
Rosterに残して―!

TavecchioがFG外したりして、その後も盛り上がらないまま13-12で勝利。


勝ちは勝ち。
でも。。。という感じでした。



ところがお楽しみはこの後に待っていました。
感想とお楽しみはこの後で。。。

Preseason #3 Jacksonville Jaguars I

昨日はプレシーズンゲームの中で最も重要な第3戦、Jacksonville Jaguars戦でした。

プレシーズンゲームは4戦ありますが、第4戦はほとんど主力が出ませんので、第3戦がファーストチームの最終確認となるからです。
また、現在90人いるベンチメンバーを来週火曜日の4:00pm(EST)までに75人にする必要があるため、当落線上の選手たちには最後のアピールの場所となります。

この日はフレックスを利用し、30分前に出社し、定時30分前に会社を出発、帰宅ラッシュの中、ダウンタウンに向かいました。

この日はFord Fieldのすぐ横にあるComerica Park(Detroit Tigers本拠地)で、Detroit出身のEminemとRhiannaのライブが同じ時間に行われるため、かなりの混雑が予想されておりました。

この日も第1戦Bronwns戦に続き、チケット完売のアナウンスがありました。




ですが、少し時間が早かったせいかそれほど時間もかからずいつもの駐車場に到着。
Ford Fieldに向かいます。







今回も会場と同時に入場し、前回とは逆の選手トンネルのところに行きました。
が、陣地取りが悪く、サインはもらえず。。。


お、そういえば、忘れてたわ、とTwitterに写真を投稿。


すると!!!!!
あれ、携帯震えたな、と思って見たところ。。。



昨年末にこのためだけにTwitterを始めた効果がついに表れました!
124-125はこの場所からほぼ正反対の位置でしたが、急いで向かいます。



前から何かあるなー、と思っていたこのテーブルはそのためのテーブルだったようで、ここで規約?にサインをして、係員の案内でサイドラインに向かいます。
こんな専用証ももらえました。


ということで、初めての On the Field 。



残念ながらJaguars側でしたので、近くで見えたLionsの選手はスペシャルチームのみ。


JaguarsのHCはとてもあいそのいい人で、Lionsファンとも交流。





Lionsベンチは反対側でした。
右に立っているのがLombardiですね。


Tateはフィールドで見るととても小さいです。
178cmしかありませんから、巨人たちの中では本当に小柄に見えます。



リターンの練習をするつもりなのに、フィールド上が入り乱れていてボールが来ずお怒りのTate。


キャッチでぶつかったりちょっとひやひや。 怪我しないでねー。


Staffordも遠くに。

今シーズン初登場のMegatron。



 90人ロスターでのエンジンは巨大です。


全体3番目指名のBortles、いいQBでした。


サイドラインに降りれるのは練習時間だけですので、そろそろ退散の時間。


Ford Fieldには SLOWS というダウンタウンにある有名ハンバーガー店が入っており、ここで夕食を購入。



テンション上がりっぱなしで試合開始です。

2014年8月19日火曜日

Preseason #1 vs Cleveland Browns III

あっという間にプレシーズン2試合目が終わってしまいました。

1試合目のスタジアムでの感想を簡単に。


  • Lionsのファウルがすごく少なかった
    • 昨年と比べると明らかに少なくなりました。これがヘッドコーチのDisciplineなのか、本当にテンポがよかったです。
    • ファウルがあってもほとんどCLEのものばかりでした。
    • 大したクラウドノイズも出ていないのに、False start連発してましたし。
  • 最初のプレーが3&OUTで終わらなかった。
    • いつもプレシーズンのオフェンスは3&OUTであっさり引っ込んでいたイメージでしたが、ファーストダウン更新できました。
  • Johnny Football
    • とにかくすごい人気でした。いろんな意味で。
    • もちろんアウェイなので、失敗した時の歓声のほうが多かったですが。
  • Fairleyが太かった
    • オフシーズンに痩せた、との記事でしたが、代わり映えしない太さでした。
    • 挙句2ndチームに降格。。。人間の性格はなかなか変わりませんな。
  • Defenseがイマイチ?!
    • 相手のQBがしょぼかったので、攻められた感じはしませんでしたが、DefenseがQBにプレッシャーを与える場面がほとんど見られませんでした。
    • Austinは積極的にBlitzsを使う、とのことでしたが、全然効果が見えず。。。ちょっと不安。
  • 目についた選手
    • Winn(38):この試合で一番良かった、と思う。早い、強い!是非Bellのバックアップに。
    • Peacock(1):光っていました。
    • Moore(17):この日はオフロスキーよりはるかによかったです。何とか残してほしい。
    • Abdul-Quddus(42):いいタックルしてました
  • 困ったチャン
    • Orlovsky(8):ドロップもありましたが、あわてすぎ、落ち着きなし。
    • Leshoure(25):WinnもRiddickも出てきてこれでは。。。
    • Bush(21):まだまだ続くドロップ。。。
    • Freese(3):FGがぶれすぎ、Akersより見てられない。
とはいえ、勝ちは勝ちでいい感じ。


さて、先週金曜日はOakland戦、見事なファーストチームオフェンスでした!
このページにStaffordの投げたボールの分析があります。

これを見ると、Lombardiの攻撃は面白いですね。
うじゃうじゃとフリーなレシーバーがいます。
そんな中、Staffordは最適と思われるところにしっかりパスが投げれています。

これが実力、これが本当のStaffordだと信じたいです。


今週金曜日はホームでJaguars戦、BortlesはなかなかよさげなのでLionsのディフェンスがどこまでやれるか楽しみです。
とにかく怪我がないことを祈ります。

Goooooooooooooooooooooo Lions!


2014年8月11日月曜日

Preseason #1 vs Cleveland Browns II


シーズンチケットホルダー3年目にして、初めて配置転換が実現した新シート。。。
前過ぎて全体が見えなかったらどうしよー、という不安と、きっといいはず、という期待に胸を膨らませて席に向かいます。

これまでは 121-122 の入り口から入っていたのですが、今回は 122-123 の入り口から。
どんどん降りて行っての19列目。。。ありました、新シート。

通路から2つ挟んでの2席、早速座ってみます。



別世界でした。グランドが近い!!
しかも適度な角度がついていて、向こうの奥まで見えます。

大成功!

動画は後ほど簡単にアップしますが、最初のプレーでRossがビッグリターンを決めていい感じで試合はスタートしました。
Staffordさんもそこそこ好調、これまでのプレシーズンの記憶と言えば3rd and OUTであっさりいなくなる、というもの(あくまで印象)でしたが、無事にFGまで結びつけました。

あっさりと1stチームはいなくなりましたので、途中からスタジアムはこの人↓を待つ空気だけが支配するようになりました。



College時代のStaffordのユニフォームをきた前の席のお兄ちゃんを始め、敵も味方もマンジールポーズがそこら中で観られるようになりました。

Johnny Football という掛け声もあちらこちらから。。。それもこれもHoyer(地元MSU出身)が全然ダメで、試合がつまらなかったからです。


そうこうしているうちに、全米が注目する瞬間がやってきました。
#2がハドルに向かいます。



ランプレー選択の後、初のパスプレー。
冒頭部分一切なしの見にくい動画ですが、どうぞ。



ただ、その後はたいした見せ場もなく、Lionsディフェンスの餌食になるJohnnyと盛り上がるLionsファン。


終わってからの総評ではManzielは評価を上げたとの声が多かったですが、見ている分には全然そんな感じはしませんでした。
Hoyerもひどかったですし、3人目もひどかったので、比較で行けば数字も残したので良かったのでしょうが、怖さを感じなかったですね。

何よりも、ちょっと背が低すぎる気がします。
190cm以上が一般的なNFLで身長6ft、180cmは小さく見えます。
ちゃんとレシーバーが見えるのかどうか。。。
結構激しめのヒットを受けて痛そうな表情も見せていましたが、もう少し身体を強くしないと怪我も怖い感じです。

ただ、それでも1年生でハイズマンを獲得する奇才ですので、将来はリーグを代表するQBになるかもしれません。


第4Qも中盤を過ぎると、帰り始める人が増えます。
ここからが(私的)Preseasonゲームのお楽しみタイムです。

普段は入れない50Y付近の前列に移動。
プレーを終えたJohnny Footballは数々のヤジを背中で受け止めます。


グランドが近く、選手の大きさ、迫力が違います。
ただし、手前側のプレーはほとんど見えません。。。





Orlovskyが散々だった後、Mooreがいいプレーを見せます。
見ていて安心できるQBになってました。





今年から採用のサイドライン用Surface。


相手がもたもたするうちに Moore がナイスパスを通して最後の最後に逆転!
大興奮で周りのアメリカ人とハイタッチ。。。これがあるからやめられない。



Preseasonとはいえ、勝ちは勝ち。
新体制の初勝利!

気持ちよく家路につきました。