2017年5月6日土曜日

ドラフト後

BlountもAsiataもすっかり情報がなくなった今日この頃。
Cutlerさんが解説者への転向を決めました。
個人的には好きなQBだったので、ちょっと寂しいです。

そして。。。Boldinの#80を新人TEがつけることになりそうです。
つまり。。。Boldinは戻ってこなさそうです。。。こちらも残念。
Redskins戦で目の前で見た逆転のTDは一生忘れないよー!


さて、Lionsは1巡でDavisを取りましたが、評価が高かったFosterが残っていたことからちょっと議論を呼びました。

ところが、Fosterに関して獲得した49ersのHCが「最悪の場合今シーズン絶望」と発表しました。
Lionsはこの辺知っていたのでしょうかね。
即戦力が必要なドラフト1位が怪我で全休なんて泣いてしまいますな。

相変わらずドラフトへの評価に関して色々な話がありますが、先日出張先で見ていたNFL Networkでは
お、なんと高評価。
誰だろう、この方。よくわかってらっしゃる。
PFFでもNFC北でオフシーズン最もImproveしたチームと評価されていました。
そろそろ見た目を変えた人がでてきたかなー。

2017年5月2日火曜日

Ebron 5th-year option と Power back

本日5/2は2014年ドラフト1巡選手の5年目オプション権行使判断デッドラインでした。
そして、本日朝、空港に向かう私に長男から「Ebronと契約した!」とテキストが届きました。

期限ぎりぎりでの決断ですが、私は100%支持です。

  • よく落とすけど、いい選手
  • 性格も明るくてムードメーカー
  • このレベルの選手を$8Mでゲットするのは難しい
と思っています。

先程いろいろな記事を読んでいたのですが、Quinnの発言に興味深いのがありました。

"I think that's part of my job, is to keep every possible option open on any part of this organization," 
ここのところですね。
うまく言えませんが、ここがQuinnのすごいところなのかなあ、と感じました。

勝手な解釈では、Quinnは Ebronが良いとか悪いとかではなく、すべての可能性を考えてその中で一番ベストな選択を決断する、と言っていると思います。

Draft1巡指名の直前に O.J. Howard がTBに指名されるまでは、指名する可能性がきっとあったのでしょう。
もしそこまで残っていた時に、Ebronと天秤にかけ、他のポジションニーズと天秤にかけ、判断をしていたのでしょう。

Quinnがこれまでのところ支持されている理由には
 ①結果を出している
 ②言ってることとやっていることが一貫している
という二点が大きいですが、
 ③冷静に公平に物事が見える
というのもあるような気がします。


本日もうひとつ嬉しい情報がありました。
Lions & Giants Reportedly In Play For RB LeGarrette Blount
Blount来て欲しいんですよね、私。
ごりごり系のパワーバックが好きなもんで。

で、続けざまに出てきた
Lions Working Out Former Vikings RB Matt Asiata
AsiataはBlountとの交渉用の当て馬だと思います。
NE繋がりで、何とかBlountを獲得して欲しいなあ。

といいながら、Blount獲得すると、Ameer/Riddick/Blount/Zenner/Washingtonなので、少なくとも一人はいなくなっちゃいますね。

2017年4月30日日曜日

2017 NFL Draft Grade



ドラフトが終わって、大手どころの評価が出てきました。

ま、はっきり言えば、評価低いですね。
低評価の理由は「DEを上位でとらなかった」「RBをとらなかった」というのが多いです。

Pride of Detroitの記事にまとめが載っていました。こちらです。
ここにもありますが Detroit vs Everybody ということで、相当の偏見が入っているのもあると思います。

ちょっとまとめてみました。


総じて評価の低いもめもめシカゴと同評価が多数ありますが、CBSには悪意すら感じますね。

とにかくGBを褒めとけばいい、という車雑誌のポルシェ褒めと同じ雰囲気を感じる今回の結果ですが、Minnesotaの評価が幅広く分かれておりまして、少し面白いです。

ま、Quinn信仰者としては、彼の眼を信じるだけなのですが、では、昨年はどうだったのでしょうか?

まずは昨年シーズン終了後のドラフトクラスの評価結果から。

Chicagoは結果的に大当たりのドラフトでして、Detroitも大当たりでした。
で、GBはかなり悪く、Minnesotaはボロボロ。

では、ドラフト直後はどうだったのか。。。こちらが2016ドラフト直後の評価です。

黄色いセルは最終評価に近かったものです。
こうしてみると、Bleacher Reportはかなりいい読みでしたね。
ESPNとCBSもまあまあです。

ということで、ま、いわゆる専門家のいうことは当たらない、ということでQuinnを信じましょう!

2017年4月29日土曜日

2017 Draft Day3

最終日の今日は正午から開始。
時間も短く、どんどん進んでいきますが、LIONSの番はやっぱり遠い。

やっと回ってきた4巡124番目は。
二人目のLB Jalen Reeves-Maybin。
なんじゃ、この名前。覚えられるかー!
Quinnの記者会見によると、今朝10-15人の取りたい選手リストの中に入っていたそうです。
ビデオを見ると、サックを量産している感じです。
LionsがLBでブリッツをかけるシーンの記憶がないので、同じようになるかはわかりませんが、LBは一気に層が厚くなりましたね。


そして、すぐ回ってきた4巡127番目は。
TE Michael Roberts。
ここでTEを取ってきました。選手自体は知りませんが、これでEbronキープは確定的でしょう。
ブロッキングが得意だそうですが、レッドゾーンでのキャッチが得意で、2016年は16TDを上げているそうです。Pettigrew的な感じでしょうか。
この選手、すごいのは手の大きさ。

続いて5巡165番目に指名したのは。。。
CB Jamal Agnew。
San Diego大学出身の奨学生ではない、珍しいピックとのことです。
2巡のTaborと違って40Yを4.34で走る俊足です。

ビデオを見る限り、おそらくリターナーとしての指名だと思われます。
リターナーとしては天才的に見えますね。Robertsいなくなったので、超期待。


6巡205番目は DT Jeremiah Ledbetter。
記者会見でも聞かれていましたが、DTにしてはサイズが小さいので、DEの可能性もあるかもです。
Hyderみたいな感じでしょうか。

そして、今年のドラフトでLionsが最も話題になった瞬間が訪れました。
6巡215番目でピックしたのはなんとQB Brad Kaaya。
評価が結構高かったQBなようで、ここまで落ちてきて取るしかないじゃん、的なピックのようです。
Orlovskyがいなくなって、気が抜けていたかもしれないRuddockに強烈なライバルが出現しましたね。

ちょっと面白くなりそう。

今年最後のピックは7巡 250番目 DE Pat O’Connorでした。
Eastern Michigan出身なので、地元ピックです。
2015年怪我で棒に振りましたが、2016年8.5サックをマークしているようです。



ということで、長かった三日間が終わりました。

LIONSがかっこいいスペシャルページをつくったようなので、ご覧ください。
コチラです。


で、終わった後もUndrafted FAをとっています。

  1. Storm Norton/OL/Toledo
  2. Alex Barrett/DE/SDSU
  3. Noel Thomas/WR/UConn
  4. Des Lawrence/DB/UNC
  5. Michael Rector/WR/Stanford
  6. Brandon Barnes/TE/Alabama State
  7. Jeremiah Valoaga/DE/UNLV
  8. Tion Green/RB/Cincinnati
  9. Robert Tonyan/WR/Indiana State
  10. Joshua Thorton/DB/Southern Utah
  11. Leo Koloamatangi/OL/Hawaii
  12. Maurice Swain/DT/Auburn
  13. Nick James/DL/Mississippi State
ついに取った RB!しかもパワーバック!ひゃっほーい!
ビデオ見たところちょっと力がない Lynch に見えます。


2017年4月28日金曜日

2017 Draft Day 2

Mixonが少し前にピックされ、かなり的が絞れたところで53番目に指名したのは二人目のGatorでした。

TEEZ TABOR という CBです。
Jalenという名前からTeezに代わっているので、表記が色々でわかりにくい。。。




ビデオ見る限り、おそろしいほどのボールへの意識の高さを感じます。
コンバインの40yardが遅くて評価を落としたそうですが、Lions訪問時にハムストリングをえらくやられたそうです。
NFLサイトの評価だと、近いプレイヤーがSlayになっていました。

PFFのRating Allowed見ると、かなりいいですね。
CBは競争含めていいデプスになってきたのではないでしょうか?


さあ、3巡目85番目入った、と思ったら、Patriotsとトレードダウン。


こんな感じになりました。ナイス!

Bob Quinn says the Lions had 3 trade offers on the table when the swapped with New England
とのことで、NEのオファーが一番よかったんでしょうね。



そして。。。DTかな、もしかして三人目のGatorかな、と待ちに待った3巡目。

で、ピックはWRの Kenny Golladayでした。


ビデオ見る限り、高さがある(6-4)のと、アクロバティックなキャッチが得意なようです。
スカウト分析だと、シュアハンドだと。
2年連続1000Y超えてるみたいですし、高いレシーバーが欲しかったので、これはこれでいいかな。

ということで、3巡目で初のオフェンシブプレーヤーとなりました。

昨年の結果があるので、明日のピックも目が離せませんな!




2017年4月27日木曜日

2017 Draft Day 1

シカゴの爆笑トレードアップからのQB取りで幕を開けた今年のドラフト。
Lionsの指名は結局 10:30 を回りました。

カレッジ選手はよく知りませんが、ReubenというLBや、CookやPeppersがみんな残っている中で、Lionsが選んだのは Jarrad Davis。

Linebackerです。
グルーデンはLBの3つのポジションが全部可能、と言っていましたし、メイヨックの分析では、NFLタイプのラインバッカーだ、と言われています。




PFFだと、長いパスへの対応が抜群にうまい、との評価です。
66回で1回しか通されてない、って、今のLionsに最も必要な人材じゃん!!

さすがQuinn!
目の前でTBがTEをとってくれて、(私の希望しない)TE取りがなくなってほっとしましたが、ちゃんとニーズを埋めてくれますね、彼は。

いわゆる専門家の評価はB-Cといったところですが、去年も評価高くなかったしー。

さあ、明日はDEとCBかな?


2017年4月24日月曜日

Lions Member Summit 2017 - 4

出張続きで更新が全然追いつかない。。。

いよいよ、ユニフォームがお披露目となります。

大行列のまま、正面入り口のほうに向かうと、
特設会場が設けられておりました。

Ebron,Ameer,Ansahが登場し、感想を述べます。
そして、イメージビデオからの流れで発表となりました。

長男がiphoneで撮影したビデオで雰囲気を味わってみてください。
















カラーラッシュは皆口々にかっこいい、といっておりました。

のんびり撮影していたら。。。あっという間に下げられてしまい、これだけです。。。



その後現れたOBたち。

Murrayさんにサインもらって、長男と写真撮ってもらいました。

すぐに売り出される新ユニフォーム。
なにがすごいかって、皆買ってる。。。お金持ちだなあ。


2016シーズンの来場お礼グッズの払い下げのような感じで、いっぱい持って帰れました。

気づけば、明後日はドラフトだー。