2018年5月14日月曜日

最近のニュース

Draftも終わり、大きな動きもニュースもないまま時が過ぎておりますが、そうはいっても何やかんやは起こっています。


  • Tateの契約延長はまだ遠そう:Landryの無茶苦茶な契約のせいで個人的には引き留めは難しいのでは?と思っています。
  • Walker以外のドラフティとUFA選手と契約
  • この影響もあり、Tion Greenがカット:ああ、残念
  • その少し前に Akeem SpenceをDolphinsにトレードしました

これ以外にPatriciaの20年以上前の婦女暴行が話題になっています。

ただ、これは被害者が訴えた後、全てのアクションを行わなかった、という不思議な結末のため、うやむやになっていて、Patriciaも記者会見で「弁解の立場も与えられなかった」的なことを言っています。
ただ、その時に何があったかについては語らないことから、何かあったような印象は受けますね。

ただ、全体的になぜそんな20年も前の不起訴になった事件を今更蒸し返すんだ、Detroit Free Pressは、的な雰囲気を感じます。
チームもオーナーもサポート姿勢を見せていますので、どうこうなる感じはしませんが、スッキリしない感じはしますね。

2018年5月1日火曜日

Calvin Johnson Camp

先の土曜日、長男がCalvin Johnson Campに参加しました。

はい、見間違いではありません、Calvin Johnson のキャンプです。
あの神様 Calvin Johnson 様が子供達にフットボールを教えてくれる(少なくとも同じ会場にいる)というキャンプです。



ご覧のように3時間のコースということでした。


そして、さらにVIP Experience なるものもありました。
もちのろんで、申し込みました。

なんせ、CJと一緒に写真が撮れて、何か一点にサインしてもらえるんですもの!
これはホームでの最終試合の際にもらったグローブにサインしてもらえる大チャーーーーーンス!!

上にあるように、これはあっという間に売り切れたようでした。

ところが!!
月曜日に下記メールが届きました。

全然 a bit じゃねーーーよ!!
そして翌日には返金されました。。。なんてこったい。

キャンプ自体はPontiacの施設にて開催されました。



Calvin先生の挨拶はとても短かったです。
キャンプの間にインタビューをいくつか受けていました。

Calvin先生によるお手本。
この後のキャッチの瞬間、オートフォーカスが外れてしまいました。
パスも投げていましたが、お世辞にも上手とは言えない感じ。
スパイラルも、距離感もいまいち。笑

Calvin様は汗をかきながら最初から最後までキャンプに参加していました。
しかも、子供が好きなことがよく伝わってくる態度で、笑顔いっぱいでした。

参加者にはこのかっこいいTシャツがもらえました。

とにかくですね。。。でかいです。CJ。
どこにいても大きなアメリカ人の中でも頭一つ抜けています。
奥さんとお母さんも来ていました。


写真でお分りいただけると思いますが、Calvin様すっかり丸くなっています。
トレーニングをしている感じはしませんので、やはり復帰はないと思います!

サインがもらえないか終わった後も粘ってみましたが、残念ながらサインをもらうことはできませんでした。。。

でも、Calvinと一緒にフットボールできて、長男は感動していました。

2018年4月29日日曜日

2018 Detroit Lions Fourth, Fifth and Seventh round pick

本日は元々は 5巡 と 7巡 の二つでした。
そんな三日目開始前にAdam Shefterが興味深いTweetを行いました。



んー、なんということでしょう。
昨日のトレードアップ、そしてリーチと言われたTracy Walkerまで他のチームとの抜群の駆け引きの中で獲得していた模様です。
1巡のFrank RagnowもBengalsの目前での獲得ですし、大したものですね。

初日だったか二日目後のインタビューでQuinnがどの選手がどのチームを訪問しているかもボードに記入してある、と言っていましたが、その辺をしっかり活用しているのでしょう。


そして、今日。
昨日失った 4巡目を 来年の3巡目と交換で また NE からゲット。
そして114番目で指名したのは。。。

Alabamaの DT(DE) Da'Shawn Hand。


やっときたーーーー、DL。 ふー。

続いて5巡が
OT Tyrell Crosby。
脳震盪ヒストリーがあるそうで、だいぶ落ちてきましたが、二日目(3巡目)までのProspectだったそうで、かなり評価の高いピックになっています。

しかし、OL好きだね、Quinnは。確かに昨年はDeckerの怪我で悲惨なことになりましたので、デプス強化は大歓迎。

この後6巡がないせいで、長い長い待ち時間。
そしてやっときた7巡目。
なんとFB!!

ここまでOLとRBというかランゲームに執念を見せてくるとは。。。
Quinnの徹底ぶりがここまでくると心地いい。



こちら最後の記者会見。
この中(16:30くらいから)で
「フットボールは数個の要素で試合が決まる」
「試合は毎週5つ以下のプレイが重要」
「ショートヤードのプレイだったり、サードダウンのプレイ、レッドゾーンでのプレイだったり、スペシャルチームだったりする」
「これらの4-5くらいのところをちゃんととっていければ、か試合に勝つ確率が高くなる」
「それらのCritical situationが昨年はうまくいかず、不満だった。」
もうね、100%同意します。

1Y、0.5Yのサードダウンがいけないことがどれだけ昨年重荷になったか。。。
この点を今回Patriciaに伝えて、FAおよびDraftを行なっているようで、結果的に見れば、本当にその姿勢が伺えます。
Cをとって、RBとって、Tとって、最後はFB。

周りから見るとDL「も」穴に見えるのでしょうが、Quinnとしては真っ先に埋めたい穴はここだったということでしょう。

これだけ発言と行動が一貫できるのは大したもんだなあ、と結果も出てない状況ですが、Quinnへの自己内評価がまた上がっています。

ドラフト終了後Undraftedの選手との契約が続々と行われました。(mliveからのコピペです。)

Offensive line
John Montelus (Virginia)
Brett Kendrick (Tennessee)

Receiver
Michael Ford (Southeast Missouri State)
Teo Redding (Bowling Green State)
Brandon Powell (Florida)

Tight end
Deandre Goolsby (Florida)

Defensive back
Chris Jones (Nebraska)
Antwuan Davis (Texas)
Amari Coleman (Central Michigan)
Anthony Sherrils (Missouri)

Linebacker
Chard Meredith (Southeast Missouri State)
Al-Rasheed Benton (West Virginia)

Defensive line
JoJo Wicker (Arizona State)
Michael Hill (Ohio State)
Josh Fatu (USC)

Punter
Ryan Santosa (Minnesota)

あー、今年のドラフトも面白かった。
来年は生で見えないと思うと悲しいです。

2018年4月27日金曜日

2018 Detroit Lions Second and Third round pick

ドラフト二日目も全部見えました。
テンポが早くて楽ですね、見る分には。

そして我がLionsはまたやってくれました。

のんびりとLionsのピックを待っていたところ。。。

トレードアップーーーーーーー!!
NEに虎の子の4巡を譲って8個ほどピックをあげました。

そして今日最大の見せ場がやってきます。



Beverly Hills CopのEddie Murphyが着ていたLionsジャケットを着てNateが登場。
バナナをマフラーに入れる、的な映画にちなんだギャグを挟みながらDallasを持ち上げ、そしてDetroitを訴えます。

いやー、かっこいいよ、Nate。

その後のEaglesの発表でのAkersも秀逸。


ここのところこの発表のマイクパフォーマンスが一つの見せ場になっておりますが、これも面白かった。
Wittenが引退表明して、TEを取りに来るかもしれないDallasの前にEaglesがトレードアップ、そしてDallasという名前のTEをさらっていく。。。なんだこれ。

話が逸れましたが、トレードアップして獲得したのは
Kerryon Johnson、RBです。



層の厚いRBがだんだん売れていったので、焦ったようですね。
SteelersのBellに似たスタイルとかなんとか。


穴を見つけるのがすごくうまく見えますね。

CBSからはAグレードもらいました。


そして、問題の3巡目。
トレードダウンするかなあ、とも思っていましたが、結局ピック。
Tullochが選手を読み上げます。


Safetyの Tracy Walker。

えーーーー?DL/DEじゃないの??
Quinnさんの心の中はやっぱりわからんですな。

Diggsが後一年でFA、Killeblewが伸び悩んでいる中、Sは将来的には必要かもしれませんが、違うでしょう、そこは。。。
心臓に問題があるかもしれないけど、皆の願いはUMのHurst。
はー、なんかがっかりです。

CBSの評価は普通。
SlayのSecond Cousinsで、高校も同じだったとか。

ん?Second Cousinsってなんだ?ということで

いとこの子供同士。。。日本語では。。。親戚??


明日は4巡、6巡がないので、5巡と7巡の二つだけです。
さすがにとるよね?DL/DE??

2018年4月26日木曜日

2018 Detroit Lions First round pick

先程指名が終わりました。
開始から怒涛の展開、特にトレード多発でものすごく楽しく中継を見ていたのですが、予想に反してLionsのトレードダウンは実現せず。

そして、全体20位で指名したのはArkansasの C Frank Ragnow。

DLかDEと信じていた私としてはびっくり。(と言っても選手は全然知りません)


まずはこの動画をご覧ください。





いいですねー、こんなでっかい図体してこんなに泣いちゃうなんて。
そして!珍しくPFFが高評価。




なんと2246スナップで、 0サック、1ハリー 化け物か!!!

これでQuinnは完全にOLを入れ替えました。
左から Decker Glasgow Ragnow Lang Wagner
さあ、これでランゲームもパスプロも完璧だ!!


CBSもなかなかの高評価。


明日も現時点ではピック二つあります。
次こそDL、そしてRBかな?


2018年4月25日水曜日

Seat relocation

シーズンチケットホルダーは毎年シート変更の機会が与えられます。
ここ数年は時間が決められ、その時間内にネット上で席の変更が可能です。

50y付近の席はあくことがないのですが、今年もトライして見ました。

私に割り当てられた時間にログインして、席を確認します。

緑色が空いている席、ピンク色が誰かがホールドしている席、青色が自分がホールドした席です。
もちろん、いい席に移動することになると差額を支払う必要があります。

これまで
2012、2013 は セクション 122、35列目
2014、2015 は セクション 122、19列目、16-17
2016、2017 は セクション 124、17列目、17-18
と二年ごとに少しずつ中の方に移動してきていました。
どの席でも周りのシーズンチケットホルダーと顔見知りになるので、移動はちょっとセンチメンタルにもなります。

昨年の最終戦で、いつも隣の席にいるおばちゃんから「来年もくるよね?」と言われ、「うん」と答えたこともあり、あんまり遠く行くのも気が引けます。

上の図のピンクのところが空いたらそこに移動したい(値段変わらない)、気持ちもありましたし、でも、おばちゃんと離れちゃう、というのもありました。

色々なセクションを確認していたところ、ふと上の青色のところが空きました。
今よりも2段フィールドに近く、2席50yに近い!
これならおばちゃんにも会える!

ということで、ここを選んでシート変更しました。
セクション 124、15列目、19-20 です。

ちなみに、一度選ぶと5分間権利を保持してくれまして、確定をすると、再ログインができなくなるシステムです。

今年から Flash seatsからTicket masterにシステムも変更になったので、売るのも簡単になりました。

さあ、明日はドラフト、いよいよ近づいてきましたね!

2018年4月19日木曜日

2018シーズン スケジュール発表!

たった今出ました。


本日最初に漏れてきた情報は開幕戦、MNFのJets戦。
Ed SheeranのコンサートがFord Fieldで土曜日に行われるので、日曜日の試合はないはず、それならMNFでPatriotsを!と思っていたので、Jetsと聞いてがっくり。
なんでシーズン開幕週のMNFが NYJ と Det なんて組み合わせになるんでしょうな。


帰国が決まっているため、見える試合が限られるため、9月の試合は一試合一試合がとても大事です。。。それなのに、、、なぜJets...

と落ち込んでいるところで流れてきた情報が WEEK3 PATS!!!
まじで?!!

やった!!本気のBradyが見える!!!

ということで、本日一日ウキウキでした。

しかし、BillsとPackers戦は真冬にAwayですね。